古本などの買取りサービス|古書をはじめとしたリサイクル可能な商品は買取りを使って現金化

古書をはじめとしたリサイクル可能な商品は買取りを使って現金化

古本などの買取りサービス

古書

古書と古本は同一視される事も多いですが、古本とは一度人の手に渡った書籍全般のこと。
また古書と古本は同一視される事も多いですが、古本とは一度人の手に渡った書籍全般のことを指します。そのため、現在も書店で手に入る本であっても古本と言います。
その点、古書というのは現在書店では販売されておらず、出版社にも在庫がないいわゆる絶版となってしまった書籍の事を指しています。

そのため、ただの古本と比べて古書はそもそも価値が高く、実際の定価よりも高い買取り価格がつく事も多いものです。そんな古書の中でも、高価査定額がつくケースについて見ていきましょう。

まず、保存状態によっても古書の買取価格は左右されます。当然保存状態が良いものの方が高い値がつく事になりますね。破れ、色あせ、汚れなどは出来るだけ少ない方が良いでしょう。

また、古書の中にはカバーやケース、帯が付属しているものもあります。そういった付属品は全て揃っている方が買取価格も高くなります。
古書を売る際には、付属品の有無はないかどうか確認しておきましょう。例え、付属品がボロボロになっていたとしても一緒に査定してもらうべきです。

他にも全集揃っていると、買取価格が高くなる傾向にあります。どれか選んで買取り依頼をするのよりも、価格を上げたいなら全集まとめて査定をして貰う事をオススメします。
絶版になってから時間が長く経っているもの、またもともと発行部数が少ないものや歴史的な価値が高いものも査定額が高価になる事が多いでしょう。

古書の買取りでは、以上のようなケースで高額査定がつきやすくなります。
ただ自分で判断せずに、気になる古書は買取り査定依頼をしてみる方が良いでしょう。